障害年金請求なら社会保険労務士法人渡辺事務所

日本の年金制度には国民年金や厚生年金、そしてあまり知られていない障害年金があります。更に障害年金を申請するには幾つかの条件があります。この公的な年金を受給するには、専門的な知識が豊富な社会保険労務士に相談してみてはいかがでしょうか・他にも助成金請求のアドバイスもしてくれると聞きました。

ここではこれらについて説明します。

障害年金とは

社会保険労務士法人渡辺事務所によると、障害年金は公的年金に加入している人の約半数が知らない年金と言われています。受給をしている人はいますが、申請をしていない人も少なくなく、制度が理解出来ないのが原因とも言われています。

年金制度の加入や初診日の特定等の要件がこの年金にはありますが、重大な障害で病気やケガで死活に支障をきたすと支給されます。公的年金の制度は国民年金や厚生年金、共済年金があります。これらの年金制度に加入をしていれば、障害年金を始め老齢年金や遺族年金等の給付が受けられます。

国民年金や厚生年金の保険料を納付している人が、病気やケガで生活に支障をきたす程の重大な障害が残ると支給されるのが障害年金です。障害基礎年金は国民年金から支給されます。障害厚生年金と一時金の障害手当金は、厚生年金や共済年金から支給されます。

障害年金を受給している人は最近の調査では約195万人です。只約630万人の障害者手帳の発行数があるとも言われています。これは障害年金と障害者手帳の法律や書簡が違う事や、障害の等級も同一では無いので、受給している人と手帳の発行数との差は大きいですが、それ自体は問題ではありません。

しかし問題は障害年金の有資格者なのに制度自体を良く理解する事が出来ず、この年金を受け取れないケースが多いとも言えます。そして厚生労働省の国民年金被保険者実態調査によれば、調査した年の障害年金の周知度は約半数がこの制度を知らなかったり、調査した年の6年前と比べて見ると、約5ポイントの周知度のダウンしていたことが分かりました。

自立と相互扶助を合わせた制度が障害年金と言えます。その為年金資格取得時に加入して、国民一人一人がこの制度に関心をもつ事が必要です。

初診日の定義と特徴

社会保険労務士法人渡辺事務所によれば、受理が出来る障害年金の要件は、初診日の特定や年金制度への加入、保険料の納付や障害の程度等があります。障害の原因となった傷病で、初めて医師の診察を受けた日を初診日と言います。

初診日の定義は原因の同じ傷病で病院を転院していた場合も、最初に受診した医師が診断した日となります。障害認定日は初診日から1年6ヶ月目の日かそれ以内に固定した日になります。その為障害の程度に該当する様な状態で無ければいけません。

この程度とは傷病名では無く障害の状態を示します。この状態は厚生年金なら1から3級障害で、国民年金は1や2級障害に区分されていて、国民年金法や厚生年金法の基準に定めてあります。障害基礎年金の支給は国民年金納付期間中や20歳前、資格を失った60歳以上や原則65歳未満の間に、障害の原因となった傷病の初診日がある事です。

又障害厚生年金と障害手当金は、条件として初診日が厚生年金を納付している期間中にある事です。年金受給の重要なポイントは初診日が特定出来る事にあります。その為には時系列で事前に自分自身の病歴を把握して置く事が大切です。

年金制度加入の要件は初診日に国民年金や厚生年金等の一定の納付機関が必要です。年金保険料の納付は先ず初診日の前々ヶ月迄の加入期間の中で、納付した期間と免除期間を合わせた期間が33分の2以上必要です。

障害年金の請求は初診日の証明や医師の診断書、障害の現状申立書等の書類が必要です。障害基礎年金の請求先は市区町村で障害厚生年金は年金事務所となります。

障害年金受給について

社会保険労務士法人渡辺事務所は、障害年金の取得には安心出来る専門家に依頼しないと危険だと断言しています。そもそも障害年金は病気やケガが原因で通常の生活が困難だったり、労働に支障がある場合に障害を負った人に支給されるものです。

公的な年金で一番有名なものは老齢年金ですが、これは公的年金制度に25年間加入していれば老後受け取る事が出来ます。障害年金も障害の条件を充たしていれば、これと同じように受給する事が出来ます。がんや人工透析、うつ病の人でもあまり知られていませんが障害年金の対象になります。

又国民年金に未納があっても先天性の障害は請求出来る場合があります。これはこの制度を知っているのか又は知らないのかや、請求するのかしないのかの違いで受給出来たり出来無かったりする事です。受給するには申請の進め方のコツがあるので、専門家のこの事務所では無料相談を実施しています。

障害年金と特別障害者手当併用受給のグループホーム入居者

助成金請求をサポート

社会保険労務士法人渡辺事務所は、障害年金以外にも助成金請求のサポートも行っています。助成金は国から貰える返済不要のお金です。投資や雇用確保等を、国の施策に合った方向で行う場合には是非活用したいのが助成金です。

雇用保険に加入していて一定の条件を塡充たす事で助成金を国から支給されます。当たり前ですが該当しても申請しなければ支給されないシステムです。助成金が活用出来ていない理由は、どの様な助成金があるのか分からないとか、自社の申請可能な種類が分からない等の問題があります。

この事務所の助成金に詳しいプロがその会社に合ったサポートを行っています。

選ばれる訳

社会保険労務士法人渡辺事務所は、労務の様々な業種に詳しいプロフェショナルが在籍していて、未払い残業対策を中心とした労務対策や給与計算を中心としたクラウドサービス、助成金を中心とした企業のサポート等、会社の経営を総合的にサポートする事が可能です。

300社以上のお客に選ばれる理由は、この事務所の理念とミッションそしてビジョンです。この事務所の使命は顧客の利益を最大限に確保する事です。顧客に喜んで貰うにはお客の従業員が幸せになる事と考え、その信頼関係を社会保険労務士と言う仕事でカバーするのがこの事務所の仕事と考えています。

知恵を持って問題解決に望んでいて、いつでもどこでもどの端末でも情報が確認出来る様に、クラウド化したサービスを展開しています。そしてレベルの高いスピーディーなサービスを行っています。